Menu

LEDのいいところと悪いところ

LEDの登場は、私達の社会に大きなメリットをもたらしてくれました。自発光素子で構成で構成されるLEDは、他と比較して、圧倒的な鮮明さを私達の街にもたらしてくれました。

更に、LEDは、長期的に高いコストパフォーマンスを発揮してくれるから、LEDディスプレイにも有効的に活用されています。更に様々なレイアウトに対応出来るのもLEDがもたらすメリットです。

LEDは更に防水性、防塵性に優れているため、屋外対応に適した製品であり、分割されたパネルで構成されているため、部分的に交換が可能で、メンテナンス費用も削減することが出来ます。

ただし、まだLEDには解決しなければならないデメリットも存在し、みなさんが購入しようとしたとき、価格が高いからついLEDでない商品でいいかという思いも起こってしまうかもしれません。

実際には価格は高いのかもしれませんが、長期使用することで、初期費用+ランニングコストのトータルコストは安く出来るので、電気代の計算シミュレーションの考え方を変えてみる必要があります。

更にLEDは高温には弱いとも言われており、屋外型ディスプレイには表面にひさしが付いていることもあり、日本の環境においては、それほど気にする必要もないのかもしれませんが、ディスプレイの表面温度が50℃以上になる環境では、注意が必要です。

まだ、見向きをしてなかったという人たちは、是非一度LEDを試してみてはいかがでしょうか。

新着記事