Menu

LEDってなに

LEDとは、Light Emitting Diodeを略したものであり、電気を流すと発光する半導体のひとつです。 LEDは、決して歴史が古いという訳ではなく、比較的早い段階で赤色LED、緑色のLEDは発明されていたのですが、「青色LED」は、当時実現不可能とも言われていたのです。

しかし、2014年に日本人研究者3名がノーベル物理学賞を受賞したのもまだ記憶に新しいですが、そのときの研究がまさに、「青色LED(発光ダイオード)の発明と実用化」だったのです。

それによって、LED(発光ダイオード)によるフルカラーディスプレイが実現出来るようになったのです。

いま、LEDディスプレイなど、あらゆる場所で、LEDが有効的に利用されています。いままで私達が注目していたデジタル形式のあらゆる画像では、ちいさな点の集まりによって構成されていたのですが、こちらはLED電球の集合体です。

LEDディスプレイにおいて、フルカラーを表現するため、赤色、緑色、青色の3色のLED電球が使用される必要があり、3色のLED電球ひとかたまりの最小単位は1ピクセルです。

ピクセルが集まり、ちいさなパネルを構成して、パネルの組み合わせによってディスプレイの画面が構成されることになります。パネルの組み合わせによってサイズやデザインなど自在に設計することが出来ます。

画質の美しさにも目が奪われますが、LEDビジョンで放映される画質は最終的にピクセル数(LED電球の数)で決定します。

新着記事