Menu

LEDを作った人たち

全国各地で冬の風物詩となったウインターイルミネーションですが、ここでもLEDが活躍しています。しかし昔からLEDが使用されていたということではなくて、以前使用されていたのは、白熱電球の豆電球です。

LEDは、消費電力が少ないから、ウインターイルミネーションもずっと輝き続けることが出来ます。LEDの発明の貢献者といえば、赤崎勇氏・天野浩氏・中村修二氏の日本人3人です。彼らの発明は世紀の大発明とも言われています。

LEDは半導体の材料によって発光する色が違って来ます。LEDは、基本、単一色であるために、光の三原色である赤色・緑色・青色の光を作る必要がありました。実際には、1960年代には、赤色や緑色のLEDが開発されていたのです。しかし、青色だけはなかなか開発されることがなく実現不可能とも噂されていました。

青い光を実現する半導体の材料「窒化ガリウム」が、LEDを作るための結晶化が非常に難しいとも言われていたせいです。 そして、世界中の多くの研究者が手を引いてしまった中、頑固に頑張ってしいたのは、日本の彼らです。

名古屋大教授の赤崎氏は、天野氏とともに、窒化ガリウムの研究をし続け、特殊な層上に窒化ガリウムの結晶を作成することに成功しました。1989年のことです。

そして、日亜化学工業の技術者である中村氏は、窒化ガリウムの大量生産技術を独自に開発し、青色LEDの実用化と製品化に繋げることが出来たのです。

スウェーデン王立科学アカデミーでは、2014年ノーベル物理学賞の発表にあたり、21世紀はLEDによって照らされるだろうと3人の功績をたたえたのです。

新着記事